いろいろなジャンルのベスト3をランキング!

一般名称っぽい商標 ベスト3

こんにちわ三太郎です。一般名称っぽい商標のベスト3ランキングです。

商標とは、商品名やマークなどで特許庁に出願され登録されているものです。法的に保護されており、他人が勝手に使用することはできません。

ここで扱う商標は、商品名でありながらまるで一般名称のように使われている商標を、独自にランキングしてみました。なおカッコ内は権利者名です。

一般名称っぽい商標ベスト3

1位 ウォシュレット(TOTO)

ウォシュレット」はTOTOの商標で、一般名称は「温水洗浄便座」です。

ウォシュレットはどちらのメーカーのものにしますか?」とお客さんに聴いている量販店の店員がいました。
ウォシュレットならTOTO一択じゃボケぇ!と思わず叫んでしまいました。心の中で。

また建築事務所に務める友人は、TOTOの商標であることは承知しているものの便宜上「ウォシュレットはどちらのメーカーのものにしますか?」とお客さんに聞いているとのこと。

いわゆるアレを「温水洗浄便座」と呼ぶ人は何らかの業界の方でなければ、よほどの人でしょう。
もはや一般名称と言っても差し支えないほど定着している「ウォシュレット」です。

2位 宅急便(ヤマトホールディングス)

宅急便」はヤマトホールディングスの商標で、一般名称は「宅配便」です。

「宅配便」という人よりも、「ゆうパック」「佐川」「西濃」など、現場では普段自分が使っている運送会社名で呼ぶ人も多いかもしれません。

必然的にシェアトップの「宅急便」が使われることが多く、一般家庭においては、いわゆる宅配便のことを宅急便と言っても、もはや誰にも怒られることはないでしょう。

3位 セロテープ(ニチバン)

セロテープ」はニチバンの商標で、一般名称は「セロハンテープ」です。

セロハンテープという人もまれに見受けますが、日常的にはセロテープという人が多数を占めていると思います。

ちなみにこのセロハンテープですが、イギリスでもセロテープと呼ばれています。

またアメリカでは同様にスコッチ社の商標である「スコッチテープ」が一般名称化しています。

ニチバンのものもセロハンテープといえるので、間違えたいくない人はセロテープではなくセロハンテープと呼ぶようにしましょう。

ほかにも文具では「マジックインキ」が内田洋行の商標で、略して「マジック」といえば一般名称化した商標の代名詞といえますが、商標そのものが浸透したわけではないので番外としました。

番外編

他にも商標が一般名称化している例は多数あります。

最近はスマホで代用する人が増えたので影を潜めていますが、「デジカメ」は三洋電機の商標です。「デジタルカメラ」が一般名称です。

その昔、「ウォークマン」が流行っていた時代は「携帯型ヘッドホンステレオ」はみなウォークマンと呼ばれていました。もちろんこれはSONYの商標です。

いまでは「カップ麺」が一般的ですが、ひと頃はカップ麺でなく「カップヌードル」と呼ぶのが一般的でした。日清の商標です。

いわゆる朱肉を使わずに押せるスタンプのことを「シャチハタ」と呼ぶ人が多いですが、一般名称は「インキ浸透印」です。

ちなみに「シャチハタ」はシャチハタ株式会社の商標ですが、これは社名であって商品名ではありません。が、インキ浸透印=シャチハタという名称が浸透しています。

他にも、アイスノン(白元アース)、エレクトーン(ヤマハ)、ピアニカ(ヤマハ)、亀の子たわし(亀の子束子西尾商店)、シーチキン(はごろもフ-ズ)、タッパー(ダートインダストリーズ)、ポリバケツ(積水テクノ成型)、ボンド(コニシ)など、一般名称のように使われている商標はたくさんあります。

次はどのような商標が一般名称化していくのでしょうか。