いろいろなジャンルのベスト3をランキング!

1日あたり降水量 ベスト3

こんにちわ三太郎です。1日あたりの降水量のベスト3ランキングです。

これらの降水は台風に由来するものであり、少なからず被害をもたらすものなので「ベスト3」というのも憚られますが、ランキング上位3位という意味でご理解いただけると幸いです。

それにしても昨今、地球規模で全世界的に異常気象が散見されます。

地球をひとつの生命体としてとらえるガイア理論では、地球環境に対して人為的な介入が過ぎると、地球が自己調整をするために異常気象や天変地異が起こるとしています。

ガイア理論の是非は置いておいて我々人間もそろそろ、競争から共生へ、そしてエゴからエコへとスイッチする時期が来ているのではないでしょうか。

1日あたり降水量ベスト3(2020年現在)

1位 日降水量 922.5mm 神奈川県箱根 2019年10月12日

令和元年の台風19号による影響で、日降水量900mmを超える歴史的な大雨を記録。この影響により被害を受けた箱根登山鉄道が「箱根湯本―強羅間」を運休。令和2年の7月23日にようやく再開されました。

2位 日降水量 851.5mm 高知県魚梁瀬 2011年7月19日

この日の台風6号による影響で三重県の宮川でも日降水量764mm(歴代7位)を記録しています。もともと雨の多い高知県、年間降水量のランキングも47都道府県中1位です。

3位 日降水量 844mm 奈良県日出岳 1982年8月1日

日出岳(ひでがたけ)は大台ヶ原山(こちらのほうが一般的)とも呼ばれ、日本百名山の一。三重県との県境にあり、アメダスによる観測実施は2009年まで行われていました。

あめふり

童謡「あめふり」懐かしい曲ですね。

ぜひ皆さんも、あの頃を思い出して歌ってみてください。

あめあめ ふれふれ かぁさんが じゃのめで おむかえ うれしいな♪
ピッチピッチ チャップチャップ ラン ラン ラン♪

【出典・参考】気象庁「全国観測値ランキング」